アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
想い
ブログ紹介

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
信念と頑固
貴ノ花親方は立派な信念の人なのか?頑固だけの変り者なのか?いろいろな報道を見聞きしてもその判断は難しい。ただ言えることは、組織の価値観を変えるために、自分が所属している組織の手続き上のルールを無視していることは確かだ。 これは組織の価値観の良し悪しは別として、一般社会では完全に造反である。普通なら権限を持つ組織のトップがルール違反者を処罰してあたりまえだ。そうしないと組織は分裂してしまう。 とどのつまり、最終的に貴ノ花親方の言い分が正しいとしても、かなりなルール違反なので、軽度な罰則程度では... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/15 18:05
横綱の品格
日馬富士の暴行問題が思いもよらぬ展開になってテレビのうるさいったらない。あることないことあ〜でもないこ〜でもないと喧々諤々の毎日が続いている。 何か、井戸端会議がいつまで経っても終わらない感じだ。酒の席でのこの種の騒ぎは巷にはいくらでもある。 当事者が横綱だったことで大騒ぎとなってしまった。同じ相撲取りでも平幕同志の騒ぎだったら、殴った方が出場停止とか減給程度でおさまると思うのだが、そこは特殊な社会なので世間的な建前から本人が力士を辞めざるをえなくなった。 おまけに組織と大義のにらみ合いと... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/07 16:11
秋色深し
秋色深し 11月3日午前10時30分。私の家の近くを通る道は秋色に輝いていた。春の新芽から夏の緑へと美しい緑をたたえ、今、ようやく冬の休息の準備をなしつつある。赤やオレンジへと葉の色を変え最後の化粧を施した。 その姿を新鮮な空気と穏やかな光が照らし私たちの心を和ませてくれる。自然の営みは人間界のごたごたなど関係ない。  地球上の点にもならない小さな場所ではあるが、生命は着実に息づいている。ここは私の大好きな散歩道だ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/06 16:38
客はわがままな王様である
ここ数日間は実家の整備に没頭していた。台風の影響でどうなっているのか心配したが、どこも痛んでいなかったので一安心であった。妻と二人で庭の伸び放題の樹木や雑草を剪定してきたのだが、とても一日では無理なので近くの温泉宿に2泊してなんとか綺麗にしてきた。 疲れはしたが久しぶりの温泉三昧で気分がリフレッシュできて快適な数日間であった。 宿もこじんまりした施設で何気に人手不足の感は否めなかったが、100点とは言えないものの低料金で泊まれる宿としてはまあまあの満足感だった。 客室にアンケート用紙が置い... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/27 05:58
平和とコネ
今回も自民の圧勝であった。これで安倍首相は安心して改憲を進められるであろうし、加計や森友問題を説明しないで済むであろう。まさに目論見どうりにことが進んだので、めでたしめでたしである。 それにしても、なぜ自民党はこんなに支持されるのだろう?野党がだらしないからという見方もあるが、投票したのは大半が中年以上で、10〜30代の若い世代の票が少なかったのではないだろうか。だいたい、人間年を取ると守りの人生を選択する傾向にあるので、どうしても実績のある政党を支持せざるを得ないのだろう。新しいことへの挑戦... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/23 23:09
戦ってはいけない
東京新聞に全国の人から寄せられる「平和の句」のコーナーがある。もう千に近い句が掲載されているが、平和に寄せる並々ならぬ想いが感じられる。私も2〜3句投稿させていただいたが、掲載してもらえなかった。 でも、それはそれとして現況のきな臭い状況を見るにつけ、なんとか戦いを回避して欲しい気持ちでいっぱいだ。 それにしても人間というのはどうしてこうもいがみ合うのだろう。 競争原理の下で生きているとはいえ、これだけ文化が発達しているのに精神だけが遅々として成長せず、愚かな争いが絶えない。 本当かどう... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/22 07:32
彼岸花が咲いた
夕方、散歩していたらいつの間にか道路沿いの土手に彼岸花が咲いていた。Tシャツ一枚の夏姿で歩いていても汗びっしょりになるくらいまだ気温は高い。 セミの夜泣きが終わったもののまだ秋の風情は感じられなかったのに・・・ああいつの間にか季節は移ろっていたんだと気がついた。 人間の世界では核実験だのミサイルだのと騒々しいのに、自然の世界はあるがままに時を刻んでゆく。 昨夕の夕焼けは目を奪う美しさだった。ブルーとピンクのグラデーションが実に見事だった。 こんなに美しい空や緑に囲まれ何事もなかったように... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/15 13:45
お相撲は楽しいのだが
いよいよ九月場所の開幕である。しかし、残念ながら3横綱が初日から休場だ。3人とも怪我が治らず無理をして出場することを避けたようだ。多くの相撲フアンはガッカリだろう。 プロレスなら多少の怪我ぐらいでは決して休まないのに・・・と思う人も多かろうが、やはり相撲とプロレスとでは力の使い方が違うのだと思う。見た目にはプロレスの方がはるかに激しい闘いに見えるが、多分息を抜いている部分がかなりあるのだろう。 相撲の闘いはわずか数秒である。長くとも1〜2分である。この短い時間内に気持ちと肉体のすべてを燃焼し... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/11 13:28
電車の中
今日は免許証の更新でと都庁第二庁舎にある更新センターに行ってきた。ここは午前中はかなり混むので午後にした。私はあまり電車に乗るることはないので、ボーっとして流れる風景を楽しんでいた。 しばらくぶりの京王線沿線はかなり様変わりしていて、知らぬ間に見慣れた古い建物が、かなりの数新しく建て替えられていた。 世の中どんどん変わっていくんだなあと思いながら車内に目を転ずると、乗客のほとんどがスマホ?とにらめっこしていた。ほとんどが60歳以下と見られる人達だ。 ゲームを楽しんでいるのか・・メールのやり... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/23 22:53
差別
私が子供の頃、それは戦争中の時だが、 中国人と朝鮮人をある独特な呼び方で差別していた。どうしてそう呼ぶのか意味は分からなかったが、特に不思議には思わなかった。また、日本人同士でもいわゆる部落民のことを差別的に扱い、ある言葉で呼び捨てにしていた。ライ患者にもそうだった。 戦後もしばらくこれらは続いていたが、現在ではほとんどというくらいなくなりつつある。差別するということは差別する側に何らかの理由があるのだろうが、イジメの場合もそうだが、弱いとか、とろいとか、汚いとか、不細工だとか、相手をそう感じ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/21 10:58
屁理屈
もうかなり前のことだが、友人と飲みに行ったとき友人と前方から来た男の肩がちょっと触れたら、その男がこわもてのいちゃもんをつけてきた。友人は過って某大学の柔道部のキャプテンであったが、すぐにあ!失礼と謝った。もしあの時、友人が当たってきたのは君の方ではないかと反論したら、多分喧嘩になったと思う。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/16 07:36
憶測
昨日、第三次安倍内閣が発足した。首相は今までの自信に満ちた態度を一変し、反省と謙虚さを表面に出してイメージチエンジを図った記者会見を行った。 森友、加計の疑或を闇に葬り去り、愚かな大臣や議員の失態を忘れたかのように新生内閣を発足させ、国民の目を逸らせようとする姿にうんざりである。改憲をあれだけ訴えていたのに、支持率が下がるとその姿勢を一変させて国民に媚びる・・・「もうあんたたちは信用できないよ」そんな気持ちにならざるを得ないのだ。 丁寧な言葉、謙虚な態度、誠実に見えるようにいくら演じても、根... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/04 05:41
旭大星17
明日からいよいよ名古屋場所である。ようやく十両上位の実力をつけつつあるが今場所はどうか? 私は彼を実際に見たことはない。今まで16回彼のブログを書いてきたが、それはテレビで見た感想である。全てが勘で書いたものだ。私は本格的な相撲など取ったこともない。せいぜい子供の頃に学校の砂場で取ったぐらいのものである。だから、専門知識など全くない。 ただどういうわけか、5〜6歳の時に巡業で来た安芸ノ海と桜錦の印象が非常に強く残っており、その後に来た東富士、前田山、力道山、神風、藤田山、朝潮、若乃花、等々を... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/08 07:22
ふうてん語録
寅さん映画の中に出てくる脇役の人達の言葉が面白い。最も印象に残っているのは笠智衆演じる御前様の「こまった〜」である。 おいちゃんの「ばかだねえ〜」も面白いし、さくらの「お兄ちゃん今どうしているかしら」も印象に残る。寅さん自身の「労働者諸君!」や「貧しい人達」などいろいろある。別にどうってことのない言葉なのだが、シーンの中で発せられるこうした言葉が妙に説得力があるのだ。 さて、話は現実にもどるが、今回の都議選である。自民の大惨敗は見事としか言いようがない。原因は安倍政権のおごりとたるみだと思う... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/06 15:24
ひきぎわ
過日、所属するバンドのコンサートがあった。私もパーカッションとボーカルで参加したが、ソロの部分でワンテンポ遅れてボンゴを叩いてしまい、非常に聞き苦しいリズムを醸し出してしまった。 ご存知の方も多かろうが、パーカッションはベースと共にバンドの役割の中でリズムを保つための基本楽器である。言いわけする理由はあるのだが、やはり自分に起因する狂いなので非常に落ち込んでいる。 ボーカルでも一部の歌詞を忘れてしまい、なんとかつじつまを合わせたが、これも今までには考えられないミスであった。 原因は一言に集... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/01 08:04
いつの間にか
いつの間にか6月も終わりに近づいた。都知事選の選挙カーが家の周りをまわっている。梅雨空に響く哀願するような女性の声が鬱陶しい。 昨日は町田市の薬師池公園に行ってきた。満緑の小路をゆっくりと散策して気分爽快だった。さほど広くはないが、ここはいつ来てもホットする癒しの場所である。幾組かの年配夫婦が静かに池の周りを巡り、花菖蒲やハスの花を観賞していた。平和で穏やかな風景である。 園内にある農産物直売所で、朝採りのトウモロコシを買い、家に帰ってすぐにゆでて食べたが、甘くておいしいその味に、スーパーの... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/27 16:32
対比と絶対
私たちの日常はよく考えてみると何かと何かを比べながら生きている。最近、北朝鮮が盛んにミサイルを実験しているが、これなどは典型的な対比思考から発した行動である。 我々にはこれだけの攻撃能力がある。だから、お前たちがうっかり手を出したらどんな目に遭うかわかるだろう。 彼らの思考の根底は相手との駆け引きを如何に有利に推し進めるかであって、そこに和合という理念はない。俺たちは強いんだ、俺たちは凄いんだと吹聴し相手を威嚇し続ける。この子供じみた思考を我々は甘くみているが、どっこいわれらが安倍首相も同じ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/03 00:20
春雨
目が覚めるとポチポチと雨だれの音。外はまだほの暗い。静かな土曜の朝だ。溢れんばかりに芽吹きだした緑には格好のお湿りだ。なんの鳥だか分からないけれどピーコピーコときれいな声で鳴いている。 そういえば、近くの池でカモのヒナが誕生してお爺さんカメラマンが沢山詰めかけている。カモたちにはさぞ大迷惑だろう。でも、おじさんたちには絶好の被写体らしく、望遠レンズを構えていっぱしのプロカメラマン気取りだ。 今日も沢山来ているのかな。もう少し静かに見守ってあげればいいのになんて思うのはへそ曲がりの言うセリフか... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/13 10:46
春の足音
桜は未だ散っていない。今年はけっこう長持ちしてるみたい。昨日は群馬の田舎へ行ってきた。 日高→狭山→都幾川→越生→小川→花園→本庄と地方道や農道をトコトコ走っている間それぞれの里山風景を堪能した。桜は将に満開だ。 木々の梢には小さな緑が芽吹き始めており、パステルカラーの美しい春色が新鮮そのものだった。 枯草の間にも濃い緑がそこここに萌えだして、柔らかな日差しの下で背伸びをし始めた。 田舎の実家の庭には15センチ程の土筆がびっしりと群生しており、野ビルも太く生育していてビックリした。いつの... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/14 18:33
どっちもどっち
籠池問題で連日揺れている。首相やその取り巻き議員たちは何とか事をうやむやにして幕を引いてしまおうと躍起である。観ていてこんな人たちに国を任せているのかと思うと情けなくなる。 この騒動は、何のことはない。自分の教育方針を世に広めようとする野心家が、同じような思考性を持つ国のトップにコネをつけてそれを実現しようと企み、トップの意向を知っている政治家や役人が肯定的に動いただけのことだ。そして、その陰でトップと野心家の女房達がかなりの親密性を持って動いていたのだ。そして、国有地を異様な安さで払い下げる... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/31 13:31

続きを見る

トップへ

月別リンク

想い/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる